副業ブログをやるサラリーマンに神風!?厚労省が副業認める就業規則案

副業ブログをやるサラリーマンに神風!?厚労省が副業認める就業規則案

まこさん

こんにちは。「家族で子育てを考える」のまこさんです。

サラリーマンブロガーのみなさま、厚生労働省から神風が吹いております。

国が後押ししていますし、副業が当たり前になる日はすぐそこです!

今回の記事では、

  • 副業に関する最新ニュース
  • サラリーマンの僕がブログをやるメリット

について書いていきます。

① 副業解禁に向けての最新ニュース

まずは2017年11月20日掲載された日本経済新聞の記事を紹介します。

ホットなニュースです。

副業認める就業規則 厚労省がモデル改正案

厚生労働省は20日、企業が就業規則を制定する際のひな型となる「モデル就業規則」について、副業を認める内容に改正する案を有識者検討会に提示した。現在は原則禁止としているが、事前に届け出を行うことを前提に副業ができると明記した。

引用元:2017年11月20日 日本経済新聞

つまり厚生労働省は、モデルの就業規則を下記のように変更する予定です。

改正前
副業は原則禁止
改正後
事前の届け出を前提に副業許可

しかも2017年度中にモデル就業規則を改正するつもりで、僕が勤めている中小企業にも影響がありそうです。

この改正をきっかけに、副業が一気に広まることを期待しています。

② 会社公認で副業ブログをやりたい

ブログが育つまで収益化をするつもりはありませんが、いずれかはするつもりです。

会社にいつかバレるかもしれない」とドキドキしながら副業するのは、精神的に良くないですよね。

もしも会社に見つかり、人事部などに問題視されたら大問題です。副業がバレたあとのサラリーマンブロガーには、二択しかないと思います。

  1. 会社を辞める
  2. 転職してブログ活動を続ける

本業の収入が突然0になったら、ブログどころではなくなります。僕には妻子がいますから、本業の安定収入はありがたいです。

詳しくは次の③で書きますが、「収入面で本業に依存するのは良くない」と僕は思っています。だからこそ書くのが好きな僕は、ブログを始めました。

 

③ サラリーマンがブログをやるメリット

僕の勤めている会社は、中小企業の製造メーカー。年功序列や同族優遇の色がとても濃い会社です。

そんなサラリーマンの僕が、副業ブログをやるメリットは4つあります。

  1. 本業以外の収入源を確保できる
  2. 会社に依存しない働き方
  3. 本業以外で稼ぐと自信を持てる
  4. ブログ活動は本業に活かせる

僕の意見を加えながら、4つのメリットについて説明します。

3-1. 本業以外の収入源を確保できる

まずはなんといっても収入が増えること

家族の未来ある生活を、僕は一企業の給与だけに依存したくないです。

今はまだ収益化していないブログですが、本業で1年間かけてアップする数千円の給与は、副業ならあっという間に稼げるはず。

副業は頑張ったら頑張った分だけ、結果がついてくるだろうし、収入にダイレクトに反映されるというやりがいがあります。

本業にもいいところはある

本業は悪いことばかりではありません。

不満ばかりに目がいきやすいですが、与えられた仕事をこなせば安定した収入を得られることが本業のメリットです。

例えば僕がブログで100万稼げるようになったとしても、会社は辞めないでしょう。

なぜなら複数から収入を得て、片方が潰れてもいいようにリスク管理したいからです。

3-2. 会社に依存しない生き方

僕は会社組織の歯車です。会社員である以上、会社のルールを守らなければいけません。

しかし会社に尽くすあまり、生活のすべてを会社中心にしがちです。

家に帰ったときの僕は、会社の不満ばかりを嫁に言っていました。

  • 人事考課での評価
  • どうやっても変えられない会社の企業文化
  • ネットサーフィンばかりの頼れない同族上司

会社での小さな出来事に頭を悩ませていた僕は「自分の心が会社に支配されている」状態だったと思います。

ブログ活動を始めたあとに、会社に依存していた自分に気付きました

ブログは楽しい!

ブログは、思ったことを自分の好きな通りにできます。楽しさを知ってからは、会社の不満をもらす回数が明らかに少なくなりました

僕はブログのおかげで、「やりがいや収入源を会社に依存しない働き方」を見つけました。心の曇りが晴れたように思います

3-3. 本業以外で稼ぐと自信を持てる

まこさん

しばらくはブログの収益化を考えていません。

理由は割愛させていただきますが、「最初は広告を掲載しない戦略」を実践しているからです。

MEMO
人気ブロガーかん吉さんの著書で勉強しました。
参考 ブログ運営×集客×マネタイズAmazon

本業以外で稼げるようになると、自分に自信が持てるようになると思います。

会社の給与で価値を決めるな!

本業の場合は、サービス残業したり、自分の中でいくら頑張っても、結局は上司の評価がすべてです。

しかもその評価は必ずしも正当に行われるとは限らないのが現実。

僕の会社では、社員が自由に提案できる「改善提案制度」があります。

全社員の中でも毎年トップ3に入るぐらい、僕は改善案を出してます。また社長や同族上司が耳の痛い話を、勇気を持って提案することも。

まこさん

幸いにも同族上司からは、高い評価をいただいているのでありがたいです。

部下に自由にやらせる良い側面を持つ同族上司ですが、仕事は何もしません。残念ながら、会社で椅子に座っているだけのタイプです。

そんな同族上司と僕との年収差は、おそらく4倍以上の収入格差があるでしょう。

同族上司の社会的価値を僕が決めることはできないですが、少なくとも自分の価値を、会社の給与で決められたくないですね!

会社の給与 = 社会的価値

これは絶対に間違ってます。間違っていることを証明するために、僕は本気でブログ活動をしています。

証明できたころには、自分への自信がもっと付いてると思います。

3-4. ブログのスキルは本業に活かせる

ブログを成功させるためには、必要なスキルがたくさんあります。

例えば、

  1. 分かりやすい文章能力
  2. 記事ネタのためにアンテナを張る力
  3. WordPressの使い方
  4. htmlやcssの基礎知識
  5. 自分で調べる力
  6. すぐに行動する力
  7. チャレンジ精神
  8. 諦めないで継続する力
  9. SNSで情報発信する知識
  10. 読書する習慣
  11. アイキャッチ画像作成にペイントツールを使うこと
  12. SEOの知識
  13. キーワード選択
  14. Googleアナリティクスの使い方

などがあります。

ほんの2分間に考えただけで、これだけの必要スキルが浮かびました。

全部ではないですが、多くのスキルは業にも活かせます

僕のスキルはまだまだ未熟ですが、ブログ活動を通して向上できます。

まこパパ

特に文章能力はすべての社会人に必要ですよね?

もしも現代の社会人が、

SEOって何?」や「アナリティクスって何か穴掘るの?」では困りますよね。

副業で稼ぐ金額について、僕は具体的な目標を持っています。目標達成できたときには、ブログのみならず本業のスキルも上がっているはずです。

まとめ

今回の記事は、3部構成でした。それぞれを簡単にまとめます。

2017年度中に厚生労働省が就業規則モデル案の修正へ。副業禁止から、届け出すれば副業許可に。
副業が会社にバレるのは怖い。副業が解禁されて、会社公認でブログをやりたい。
サラリーマンブロガーのメリット。本業以外の収入が増えて、会社に依存しない生き方ができる。ブログのスキルは本業にも活かせるし、いいことがたくさん。

厚生労働省から、就業規則モデル修正案が正式に発表されるの待ちましょう。

まこさん

とても楽しみです!

新しいニュースが出てきましたら、ブログで情報共有します。

ブログのメイントピックは子育てについてですが、サラリーマンブロガーの一員として、ブログのやりがいやメリットを世の中に発信できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です