【悩み】男の子のおちんちんの皮ってむくの?むかないの?

【悩み】男の子のおちんちんの皮ってむくの?むかないの?

ママ

男の子のおちんちんの皮って、むいたほうがいいの? それともむかないべき?

とお悩みのママへ。

 

男の子の皮をむくかどうかって、悩みますよね。

 

「ねぇねぇ、男の子のおちんちんの皮って普通はむくの?」

妻の相談をキッカケに、とあるおちんちんの本を熟読しました。

こちらです。

 

男の子の悩みにつきあうこと50年。泌尿器科医の先生が、出版した本です。

男の子のおちんちんに関するまじめな話が書かれています。

 

0歳〜9歳の男の子をお持ちのママに、ぜひ知ってほしい!

と思ったので、この記事では、その本の内容をシェアします。

 

それでは、本文に入りましょう。

男の子のおちんちんの皮ってむくの?向かないの?

まこさん

上記の悩みに対して、この記事でシェアする内容は、以下の4つです。
  1. 赤ちゃんはみんな包茎
  2. 男の子の皮はむいてあげる
  3. 0~9歳 男の子のママへ まじめなオチンチンの話 男の子の気持ちがわかる本」を読む
  4. 男の悩みナンバーワンは包茎!

0~9歳 男の子のママへ まじめなオチンチンの話 男の子の気持ちがわかる本

 

では、順番に紹介していきますね。

① 乳幼児はみんな包茎だから心配不要

まこさん

「まじめなおちんちん」の話によれば、赤ちゃんの男の子は、みんな包茎です。うちの息子もそうです。

なので、うちの子はむけてないけど、大丈夫かしら?

なんていう心配は不要です。

健全に産まれてくる赤ちゃんが皆包茎であるということは、乳幼児では包茎が正常な姿なのだ、ということです。

引用:まじめなオチンチンの話

包茎は2種類

包茎は、大きく分けて2種類あります。

  • 真性包茎
  • 仮性包茎

カンタンに説明します。

真性包茎:

 

おちんちんの皮を下げられず、亀頭が出せない

仮性包茎:

 

皮を手で下げれば、亀頭が少し出るおちんちんもあるが、出ないものもある

 

おちんちんの皮を手で下げようとするも、少しだけ亀頭が出る。

乳幼児の多くは、この仮性包茎です。

思春期以前と思春期以後の真性包茎

「あれ?うちの子、まだ皮がむけてないんだけど・・・?」

あわてないでください!

思春期以前と思春期以後での、真性包茎は、対処方法が違います。

対処方法をまとめると、下記のとおり。

 

思春期以前の真性包茎

  • 手術はしない。
  • 薬で治ることが多い。
  • 薬で包皮をやわらかくしておけば、成長期に亀頭が出るようになる。
  • 真性包茎の放置はNG。真性包茎のまま大人になる。

思春期以降の真性包茎

  • 手術で治す必要がある。
  • いつも清潔にしていないと、細菌が増殖しトラブルが起きる。

 

思春期以後の真性包茎が、なぜよくないのか?

理由は、以下3つ。

  • おちんちんに汚れがたまり、不潔
  • 亀頭の発育が悪く、刺激に過敏
  • いずれも性交時によくない。

「うちの子、もしかして包茎!?∑(゚Д゚)」

と思っても、思春期前と後では、別物です。

焦らずに行動するようにしましょう。

 

② 男の子のおちんちんの皮はむいてあげましょう

まこさん

おちんちんの皮はむきましょう。そして、皮の中をシャワーで洗ってください。

以下、おちんちんの皮をむく理由です。

  • 清潔を保つため
  • 少しずつ亀頭が出るようになる。
  • 思春期以降の包茎予防

皮のむき方、洗い方。3つの手順

  1. お風呂でお子さまの体を洗うときに、おちんちんの皮を下げる。
  2. 皮の中をシャワーで洗い流す
  3. やさしく、ソフトにおちんちんの皮や亀頭を扱う

いまは亀頭が出ていない。思春期以前なら問題ありません。

お風呂で下げているうちに、亀頭が少しずつ出る。出そうな気配がする。

その少しで大丈夫です!

思春期に男性ホルモンの働きでおちんちんが大きくなります。

その後、亀頭が皮から自然に出るようになるのです。

皮を無理やり下げるのはやめましょう

おちんちんはデリケート。

だから、皮は無理に下げないこと。

 

痛がるようなことはせず、ソフトに扱ってください。

無理にむがそうとすると、トラブルの元です。

 

このようなトラブルにご注意を。

皮を無理やり下げようとすると、

  • 包皮が切れる
  • 亀頭が傷つく
  • 包皮が戻らなくなる

など、危険な状態になりかねないそうです。

無理やりは絶対にダメ!

お父さんは要注意です!

「(息子と一緒にお風呂に入っているとき)おまえ、まだむけていないのか!?」

と言って、無理やり皮を下げようとするお父さん。

 

やめてください!

 

ほとんどの子どもは、皮と亀頭が癒着しているため、亀頭が少し見えるだけなのに・・・。

 

最悪、おちんちんが傷ついて病院へ直行!!

なんてことに・・・。

 

「お父さんとは、もう絶対にお風呂に入らない!」

と息子に言われたら悲しいですよね。( ; ; )

皮を下げるときは、やさしく、無理やり下げることのないように、お願いしますね。


どうしても皮がむけそうにない!

亀頭が出しにくい!

そのような場合は、病院(泌尿器科 – ひにょうきか)の先生に診てもらいましょう。

お薬の軟骨を出してもらえます。

ただし、お薬で治せるのは、お子さまが小学校5〜6年までです。

③ 書籍「まじめなオチンチンの話」は男の子のママにおすすめ

まこさん

ぜひ、男の子のママに読んでほしいです。
  • 1〜2歳児。早期の包茎手術は絶対にダメ
  • 高額請求による悪質な包茎手術にご注意を

このような正しい情報は、男の子のママなら知っておいて損はありません。

 

わが家が「まじめなオチンチンの話」を読んだキッカケは、男の子のおちんちんの皮をむくべきかどうか悩んでいたときに、産婦人科でおすすめされたからですね。

あきさん

おちんちんのことって聞きづらいですが、分かりやすく勉強できました。

まこさん

それは知らなかった! 勉強になった。

という内容も多かったです。シェアしますね。

  • 子ども(思春期前)の包茎治療は、手術から薬で治す時代
  • 子どもはみんな包茎。理由は、皮をおおっている亀頭を、外傷や感染から守るため!
  • 大事なのはペニスより睾丸! 睾丸は精子を作り、男性ホルモンを分泌する大事な役割があるから
  • 睾丸に野球ボールが当たると超イタい!笑

勉強したことは、もっとあります。

続きが気になる方は、ぜひ本をご覧ください。

 

④ 包茎は男の悩み ナンバーワン!

まこさん

包茎・・・。男の子には切実な悩みです。

だからこそ、ママには正しい知識を持っていてほしい。

 

わたしが小学生だったときのお話。

ある男の子がいたのですが・・・

 

そして、林間学校でのお風呂のとき。

クラスのみんなから、

「おまえ、包茎じゃん!」

と彼はからかわれていました。

 

いま思えば、ぐだらない話です。

だって、いまなら薬でカンタンに治るのですから。

でも、それで盛り上がるのが小学生の男の子。

 

「ボクッて包茎。ダメなんだ・・・」

と子どもが男としての自信を失う前に、

  • 思春期以前(だいたい小学四年生)なら、薬で治る
  • 包皮は特別なことじゃない

とママが教えてあげてくださいね。

 

正しい知識を持つ。

包茎は慌てるような出来事ではありません。

 

まとめ

まこさん

男の子のおちんちんの皮をむくかどうか、記事の内容をまとめます。

赤ちゃんのおちんちんが包茎。

その状態が正常ですので、ご安心ください。

 

そして、男の子のおちんちんの皮は、お風呂でむいてあげましょう。

おちんちんの皮をむく理由:

  • 清潔を保つため
  • 少しずつ亀頭が出るようになる。
  • 思春期以降の包茎予防

おちんちんのむき方と洗い方:

  1. お風呂でお子さまの体を洗うさいに、おちんちんの皮を下げる。
  2. 皮の中をシャワーで洗い流す
  3. やさしく、ソフトにおちんちんの皮や亀頭を扱う

包茎は、大きく分けて2種類:

  • 真性包茎
  • 仮性包茎

※ 思春期以前と以降の包茎は、まったく違います。

 

思春期以前の真性包茎:

  • 手術はしない
  • 薬で治ることが多い
  • 薬で包皮をやわらかくしておけば、成長期に亀頭が出るようになる
  • 包茎の放置はNG。真性包茎のまま大人になる。

 

思春期以降の真性包茎:

  • 手術で治す必要がある
  • いつも清潔にしていないと、細菌が増殖しトラブルが起きる。

 

おちんちんはデリケートです。
無理やり皮を下げるのはやめましょう。

  • どうしても皮がむけそうにない
  • 亀頭が出しにくい

そのような場合は、病院(泌尿器科 – ひにょうきか)に行ってください。

 

「包茎とは・・・?」

男の悩み、ナンバーワン!

 

あなたの大切なお子さまが、

  • いじめられたり
  • からかわれたり
  • 自信を失ったり

するかもしれません。悲しいですよね。

でも、大丈夫です。包茎は治りますから。

 

いざとなったとき!! 慌てないためにも。

一家に一冊。

0~9歳 男の子のママへ まじめなオチンチンの話 男の子の気持ちがわかる本」を持っておきましょう。

あるいは、一度でよいので、図書館などで借りて、本を読んでみてくださいね。