ディズニー英語システムが教える0歳児から英語を始めたほうが良い3つの理由

ディズニー英語システムで学んだ0歳児から英語を始めたほうが良い3つの理由

 

ディズニー英語システム、ユーザー歴2年目のまこさん (@mako3_222) です。

こんなことを思っていませんか?

「うちの子どもはまだ〇歳だしね・・・。

 

「英語を始めるのはまだ早いのでは?」

「まだ〇歳だから早い」という固定概念は捨てましょう。

英語教育は1日でも早く始めてください。

 

この記事は、「ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由」の関連記事です。

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由 ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを取り寄せないと損する7つの理由

 

子どもの英語教育に関心のあるママとパパには、ぜひ知ってほしい!

 

それでは、3つの理由をさっそくお伝えしていきましょう!

 

キーワード
  1. ゴールデンエイジ
  2. 2,000時間
  3. 英語の音の数

0歳児なら大チャンス!英語は1日でも早く始めたほうが良い3つの理由

ディズニー英語システム カタログ

① 3歳ごろまでがゴールデンエイジ

ディズニー英語システム カタログ 子どもの脳の発達

「ゴールデンエイジ」

3歳ごろまでに、子どもの脳は、大人の脳の約80%まで成長します。この時期をゴールデンエイジと呼んでいます。

 

環境によっては、どのようにも成長できる子ども。

3歳までの1番大切な時期に英語に触れることが、英語が得意な子どもに育てるための近道です。

 

個人的な意見としては、1日でも早く、家庭で英語環境を作ることをおすすめします。

まずは、ディズニー英語システムのサンプルCDだけでもOKです! 3歳までの1日1日を大切にしてください。

 

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由 ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを取り寄せないと損する7つの理由

② 英語のインプットは2000時間

ディズニー英語システム カタログ 2000時間のインプット

週1回の英会話教室に子どもを通わせていれば、英語が話せるようになると思っていませんか?

残念ながら、週1回の英会話教室だけでは英語を話せるようにはなりません。

多くの親世代が勘違いするポイントです。

ポイント解説

たとえばスポーツ。試合で活躍するには練習の積み重ねが大切。

  • インプット(練習)
  • アウトプット(試合)

 

英語も同じです。インプットもアウトプットも大切。

  • CDやDVDの聞き流しはインプット(練習)
  • 英会話教室はインプットした英語をアウトプット(試合)するための機会

 

2,000時間のインプットが必要

英語を話し始めるまでに、少なくとも2,000時間の英語のインプットが必要と覚えてください。

2,000時間のインプットにかかる年数は?

  • 1日1時間 × 365日 で 約5年半
  • 1日45分 × 週1回 で 約52年

 

では、ゴールデンエイジと呼ばれる3歳までに2,000時間を達成するには?

1日何時間のインプットが必要なのかを、スタートする年齢別で比べてみましょう。

3歳までに2,000時間を達成するには?

  • 0歳スタート → 1日 1時間49分
  • 1歳スタート → 1日 2時間43分
  • 2歳スタート → 1日 5時間28分

1日でも早く英語を始めたほうが良いと言う理由は、まさにこれですね。

1日5時間のインプットは、現実的ではありませんから。

 

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由 ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを取り寄せないと損する7つの理由

③ 英語の音の数は日本語の約16倍

ディズニー英語システム カタログ 英語の日本語の音の数

  • 日本語の音の数 → 108音
  • 英語の音の数 → 1,808音

英語の音の数は、日本語の約16倍!!

 

なんとなく想像できませんか?

日本語の108音だけで育ってしまったら、正確な発音で英語を話すのは難しい、と。

 

3歳までに英語をスタートしておかないと、英語と日本語の「音の数」の圧倒的な違いが、ヒアリングとスピーキングの上達を困難にしてしまいます。

 

その典型例が、18歳から本格的な英語の勉強を始めたわたしです。

わたしはTOEIC900点を持っており、仕事で英語を使いますが、正確な音の違いは聞き取れません。

 

たとえば、「ア」です。日本語の「あ」は1つしかありませんよね。

でも、英語には4つも「ア」があるのですよ。

  • [a]
  • [æ]
  • [ʌ]
  • [ə] 

今の時代なら、わたしの英語力でもセーフでしょう。

ですが、あなたのお子さまが大きくなるころには、わたしの英語レベルでは社会で通用しなくなっていると思います。

だから、発音の違いを自然に理解するために、英語を1日でも早く始めたほうが良いのです。

【まとめ】英語は0歳児から始めるのが理想的!あなたの子どもが1歳以上なら1日でも早いスタートを!

まこさんのイラスト 説明

記事の要点をまとめます。

キーポイント
  1. 3歳ごろまでがゴールデンエイジ
  2. 少なくとも2,000時間のインプット
  3. 英語の音の数は日本語の約16倍

 

あなたの子どもが0歳児ならチャンスです!ゴールデンエイジを逃さないように今すぐ行動しましょう。

まずはディズニー英語システムのサンプルCDの聞き流しだけでもOKです。

 

あなたの子どもが1歳~2歳ならまだ間に合います!

ですが、将来、あなたの子どもが英語で苦労しないためにも、1日でも早く英語を始めてください。

 

ちなみに、うちの子どもは1歳1カ月スタートです。

ディズニー英語システムに出会うのが少し遅かったと悔やんでいます・・・。

 

ただ、ポジティブに考えれば、ラッキーでした。

子どもがまだ1歳1カ月のときに、ディズニー英語システムに出会えたのですから。

すぐに行動を起こせて良かったな、と心底思っています。

 

「時間は有限。行動は無制限。」

子どもの芽を育てるのは、最終的には、親の行動次第ですよ。

 

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由」で無料サンプルの詳細を紹介中 ♪

ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを1日でも早く取り寄せないと損をする5つの理由 ディズニー英語システム(DWE)の無料サンプルを取り寄せないと損する7つの理由