DWE英語はなぜ効果的?英語を話すための8つの法則

DWE英語を効果的に使うために、絶対に知っておきたい8つの法則

 

こんにちは。
ディズニーの英語システム、現役ユーザー2年目のまこさん (mako3_222) です。

「勢いで買っちゃったけど、ディズニー英語ってほんとうに効果あるのかぁ・・・?」

 

「子どもが英語を話せるようになるためのコツってあるのかな・・・?」

とお悩みのママとパパへ。

  • DWE英語を買って1年未満の初心者ユーザー。
  • DWE教材の効果に疑問を持っている

そのようなDWEユーザー向けの記事です。

※ あくまで初心者ユーザー向け。すでに効果が出ているなど、DWEヘビーユーザーは対象外の記事となっています。

 

当記事の内容
  • DWE英語はやっぱりすごい! DWEが効果的な理由を知れます。
  • DWE英語の効果に疑問? 不安を解消できます。
  • あなたのお子さまが英語を話すための8つの法則
 

 

DWE英語は、なぜ効果的なのか?

理由を考えました。

 

余談ですが、わたし自身の英語歴は、

  • 現役サラリーマン。海外部にて8年勤務
  • TOEIC900点
  • 海外出張
  • オーストラリア留学3年

など、一般的なDWEユーザーのご家庭より、英語が身近にあるかと思います。

 

そこで今回は、

「DWE英語が効果的な理由を考え、本当に正しい英語の身につけ方」

を8つの法則に分けました。DWE英語を買ったばかりのあなたに共有します。

 

ポイント
DWEメソッド。基本ですが、大切な考えです。

 

DWEを買って1年未満のユーザーには、とても大切な内容です。

5分ばかりお時間をいただけたら、うれしく思います m(_ _)m

 

DWEで英語を話すための8つの法則

まこさんのイラスト 説明

それでは、結論から言いましょう!

あなたのお子さまが、英語を話せるようになるための8つの法則です。

  1. まっさらな状態からインプットしていく
  2. とにかく大量にインプットしていく
  3. 日本語と同じステップをたどる(母国語方式)
  4. 身近な存在から語りかけていく
  5. Don’t teach! 言葉のルールは教えずに発見させる
  6. 現在のレベルより少しだけ高いレベルの言葉を与える
  7. 英語を話したら徹底的にほめてあげる
  8. アウトプットの機会を与えてあげる

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

いまでも思い出します。
ディズニー英語システムを、勢いで買って1週間。

「ほんとうに効果あるの!?」

とわが家は、とても不安に思っていました。。。

 

クーリングオフをしようか本気で悩んだぐらい!(゚д゚)!

 

ですが、DWEメソッドである8つの法則を知り、悩みが確信に変わりました。

「ディズニー英語システムなら大丈夫!!」

そのように思えた8つの法則です。

 

①~⑧で、1つずつ解説していきます。

 

→ 答えをすぐに知りたいユーザーは、この本を読んでください。

DVD付 バイリンガルは「茶の間」で育つ! ―どの子も英語が話せる! ディズニー大好きキッズ8つの法則

法則① まっさらな状態からインプットしていく

まっさらな状態からインプットしていく

赤ちゃんは、生まれ育った国の言葉。母国語を自然に話せるようになりますよね?

どこの国に生まれた赤ちゃんでも同じです。

たとえば、英語が全く話せない日本人夫婦の子ども。アメリカで幼少期を過ごせば、英語を必ず話せるようになります。

赤ちゃんは、どの国の言葉も話せる無限大のポテンシャルを秘めているのです。

 

「日本人だから英語を話せない」

このような考え方は、まちがいです。

赤ちゃんに口癖がうつる理由

「あ、子どもに口癖がうつっちゃった!(^-^;」

小さな子どもは、親の言葉をマネするのが得意です。

いま3歳の息子の口癖で、

「どこかで聞いたことあるぞ?」

と思ったらママの口癖だったことも。

赤ちゃんは「マネ」の天才

3歳までの子どもは「模倣期」という時期にあり、吸収した情報をすべてマネすることで自分のものにしていきます。

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

あきさん

赤ちゃんの能力は、うらやましいですよね!

子どものために1秒でも早く英語を取り入れよう

英語を学ぶのに最適な年齢があります。

それが6歳までです。

 

20歳から、英語の勉強を本格的に始めた自分。

どれだけ発音の練習をしようと、わたしは、DWEキッズのようにはなれません。

残念ですが、事実です。

6歳からは下降線

見たもの聞いたものをそのまま丸ごと吸収できる能力は6歳までがピークで、その後は下降線をたどっていくと語っています。

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

お子さまが6歳未満に、DWE英語を始めたあなた。

心配はありません。

DWE英語を信じて使い続ければ、英語の芽は必ず咲きます。

 

法則② とにかく大量にインプットしていく

一般的には、子どもが2〜3歳になると日本語を話し始めます。

 

ママやパパ、兄弟、おじいちゃん、おばあちゃん。

日本語でたくさん話しかけられたり、大量の日本語を耳にしたりしているからです。

そして、日本語のインプット量が増えてきて、ようやく話せるようになります。

 

このパートで、伝えたいことは1つ。
英語も日本語も話せるようになる過程は同じだということ。

 

インプットをしなければ、英語を話せるようにはなりません。

だから、英語も大量のインプットが必要です。

話し始めるまでには2,000時間が必要です

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

☆ インプット 2000時間達成までの道のり ☆

  • 1日 1時間 × 365日 = 5.5年
  • 1日 2時間 × 365日 = 2.7年
  • 1日 3時間 × 365日 = 1.8年
  • 1日 4時間 × 365日 = 1.4年
  • 1日 5時間 × 365日 = 1.1年

理想のインプット時間は、1日3~4時間。あるいはもっと。

現実は、1日1~3時間でしょうか。

 

わが家は、1日2~4時間をうろついています。

DWE英語を始めて約2年。2000時間は超えたでしょうか?

いま3歳になった息子は、最近ひとりごとを英語で話すように成長しました。

沈黙こそ成長のチャンス! 諦めずにインプットを続けましょう

「うちの子、英語でほとんど話さない。効果が出ていないのでは・・・?」

 

「あのママ友の子どもは話し始めているのに、うちの子ときたら・・・。」

と不安になるかもしれません。

 

大丈夫! それはサイレント・ピリオドの期間(沈黙の期間)です。

表面上は成長していないようで、子どもの英語力はきちんと成長しています。

子どもの習得プロセスには、サイレント・ピリオドの期間(沈黙の期間)があるのです。

 

ある日突然。あなたのお子さまは、英語を話しはじめます。

だから、「うちの子、いつまでたっても効果が出ないわ・・・。」と諦めてしまうのは、もったいない!

「沈黙」こそ「成長」のチャンス

引用: 5歳までにやっておきたい 英語が得意な脳の育て方

5歳までにやっておきたい 英語が得意な脳の育て方

 

  • Sing Along!
  • Story and Songs
  • Play Along

できれば1日2~3時間!
毎日15分でも続けることが大切!

CDの聞き流しを習慣化して、毎日少しでもいいからインプットをしましょう。

法則③ 日本語と同じステップをたどる(母国語方式)

日本語と同じステップをたどる(母国語方式)

あきさん

えーっと、「りんご」だから、英語は「apple」だよね!
あってるけど、ちがーう!

まこさん

はい! その考え方は大人専用で子どもには当てはめないでください。

 

英語を英語のまま理解する。
それを「母国語方式」といいます。

英語を効果的に習得するための最適な方法です。

 

たとえば、日本語の「りんご」は「りんご」。

「りんご」以外で覚える方法はありますか?



ないですよね。

 

だから、英語の「apple」は「apple」で覚えればいいのです。

日本語訳は必要ありません

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

英語を英語で覚えたら英語脳になる

赤ちゃんの特権。

赤ちゃんだからこそ、英語を英語で覚える「母国語方式」で言語を吸収できます。

 

たとえば、赤くて丸い果物が「apple」だと教えられます。

その次にリンゴを見れば、赤ちゃんは「apple」という言葉が最初に浮かんでくるのです。

 

日本の英語教育では、

「リンゴだからappleだったよね?」

と必ず日本語を介して覚えてきました。

 

日本語と英語を結びつける作業。言語を習得するのには非効率です。

英語で会話しようと思っても、最初に日本語が浮かんできてしまうから。

まこさん

わたしも、どうしても日本語で考えてしまう。

 

赤ちゃんから英語を始める。

そうすれば、「appleはapple」と日本語で考えることなく、英語で英語を覚えます。

 

法則④ 身近な存在から語りかけていく

身近な存在から語りかけていく

「カタカタ英語の発音がうつっちゃたら、どうしよう!?」

と心配になりませんか。

 

賛否両論ありますが、個人的にはOKだと思います。

 

ホットライン(DWEの相談窓口)で確認。

「親が英語で子どもに話しかけても大丈夫ですか?」

と聞いたところ、「問題ない」との意見でした。

 

理由は、ディズニー英語システムでキレイな英語を聞いているからです。

 

DWEブックの読み聞かせなど、積極的に英語で話しかけていきましょう!

発音が上手でなくても大丈夫!
親が子どもに語りかけることに意味がありますから。

 

親が子どもに英語で話しかけても、基本的にはOK。この話には続きがあります。

詳しくは、次のパートで解説します。

日本語交じりの英語で話しかけるのはやめましょう

「朝ごはんに、apple(英語風な発音で)食べたい?」

このように日本語と英語を混ざての語りかけは、おすすめしません。

 

話しかけるコツとして、以下の注意点を守ってください。

  • DWE英語でキレイな英語を毎日聞いている
  • 英語で話すとき。日本語話すとき。区別をつける

「いまは英語」「いまは日本語」

区別をつけて話しかけることが大切。

以下、理由です。

  • 日本語と英語を混在させると、頭の切り替えが難しくなるから
  • 英語の発音が日本語的になってしまう
  • 発音のスキルアップの邪魔になる

英語と日本語は混ぜないで区別する

引用:5歳までにやっておきたい 英語が得意な脳の育て方

法則⑤ Don’t teach! 言葉のルールは教えずに発見させる

Don’t teach! 言葉のルールは教えずに発見させる

「複数形だから、”s”がつかないとダメだよね?」

 

「過去系だから、”go”が”went”に変化しないとまちがいだよね?」

このような細かい文法は、子どもの前では気にしないでください。

なぜなら、ディズニー英語システムには、たった一つだけルールがあるからです。

 

「Don’t teach!」

 

TOEIC900点を持っているわたしでも、まちがいを指摘することはしません。

まちがいを指摘しないこと

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

正しい言葉のルールを発見するまで待つことが大切

仕事でアメリカ人とメール交換をしょっちゅうしています。

彼らにもスペルミスや文法ミスはあります。

大人のネイティブでも間違えますから、日本に住む子どもが間違えることは当たり前です。

 

あきさん

いつのまに、そんな言葉覚えたの?

子どもの言葉を覚える早さに驚くことって、ありますよね。

 

たくさんの日本語に触れる過程で、話すためのルールを子ども自身で覚えていきます。

英語も同じです。

必要なまちがい

アメリカ人の子どもが、成長の過程で”go”の過去形の”went”を”goed”と言ってしまうことがあります。

(中略)

通常の動詞の過去形には”-ed”がつくというルールを自分で発見し、それを”go”に適用したからこそ、こういうまちがいが起こるわけです。

(中略)

そして、自分から”went”に修正していくようになります。

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

法則⑥ 現在のレベルより少しだけ高いレベルの言葉を与える

現在のレベルより少しだけ高いレベルの言葉を与える

英語の分からないパパやママ。
現地のニュース番組や海外ドラマを見ても、意味不明でつまらないですよね?

 

「よし!リスニングの勉強をするぞ!」

と意気込んでも、難しすぎる場合は、長続きしません。

 

子どもも同じです。

子どものレベルに合ったインプット

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

プレイアロングやストレートプレイ。
英語が分からなくても、内容はなんとなく分かりませんか?

赤ちゃんでも英語と動作が結びつくように、映像を考えて作られているからです。

 

英語の分からない子どもでも分かる。

だから、DWE英語の教材は効果的なのです。

法則⑦ 英語を話したら徹底的にほめてあげる

英語を話したら徹底的にほめてあげる

あきさん

What color is it?
It’s green!

ゆうき

 

「おー!すごーい!パチパチ!!!」

少し大げさすぎるかな?

と思うくらい、子どもをほめます。

 

ほめられて、悪い気がする人はいないですよね?

わが家は、英語にかぎらず、パズルができたときにも、たくさんほめています。

 

子どもが英語を話したら、徹底的にほめてあげてくださいね。

ほめて、ほめて、ほめまくる

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

法則⑧ アウトプットの機会を与えてあげる

アウトプットの機会を与えてあげる

「DWEスーパーキッズのように、英語をペラペラになってほしい!

 

「せっかく買ったのだから、英語ネイティブをめざしたい!」

とDWEユーザーなら思いますよね。わたしも同じです。

 

ネイティブレベルをめざすなら、アウトプットの機会を定期的に与えることが大切です。

 

とにもかくにも、アウトプットをしましょう。

ここで伝えたいことは、以下の見解です。

DWE教材を最大限に活かすキーポイントは、アウトプットの質と量。

 

アウトプットの質が良ければ、

  • 英語を心から好きになる。
  • 英語の楽しさ、必要性を自然に学ぶ。

など、子どもが自主的に英語をやり始めます。

アウトプットの量をとにかく多くする。その経験から「子どもの自主性を育める」質の高いアウトプットが出始めます。

アウトプットの機会が多い子どもほど効果あり!

「この子、英語をすごい話せるなぁ~。」

と思い、そのママに理由を聞いてみると。

「週1でイベントに参加してます!」

との答えが。(=゚ω゚)ノ

 

DWEの効果は、やっぱりすごい!
アウトプットをたくさんしている子どもほど、効果が出ている印象ですね。

 

DWEには、アプトプットできるたくさんの機会があります。

  • 週末イベント
  • テレフォンイングリッシュ
  • ワールド・ファミリー・スクエア

週一は難しいにしても、アウトプットの機会を意識的に作っていきましょう。

ネイティブと話す機会をたくさんつくってあげてください!

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

【まとめ】DWE英語は効果あり! 英語を話せるようになるための8つの法則

今回、お伝えしてきた8つの法則は、DWE英語の基本的な考えそのものです。

 

復習をかねて、8つの法則をあらためてご紹介します。

  1. まっさらな状態からインプットしていく
  2. とにかく大量にインプットしていく
  3. 日本語と同じステップをたどる(母国語方式)
  4. 身近な存在から語りかけていく
  5. Don’t teach! 言葉のルールは教えずに発見させる
  6. 現在のレベルより少しだけ高いレベルの言葉を与える
  7. 英語を話したら徹底的にほめてあげる
  8. アウトプットの機会を与えてあげる

引用:バイリンガルは「茶の間」で育つ!

 

DWE英語の効果に不安を感じている、買ったばかりのユーザーに伝えたいこと。

 

1日少しでもよいから、インプットやアウトプットを続けること。

とにかく続ける。それだけです。

 

いまは効果が出ていないように見えても、大丈夫です。それは、サイレント・ピリオド(沈黙の期間)ですから。

 

「沈黙」こそ「成長」のチャンス!

絶対に諦めずに、英語のインプットとアウトプットを続けていきましょう。


今回の記事は、「DVD付 バイリンガルは「茶の間」で育つ! ―どの子も英語が話せる! ディズニー大好きキッズ8つの法則」を参考にしました。

DVD付 バイリンガルは「茶の間」で育つ! ―どの子も英語が話せる! ディズニー大好きキッズ8つの法則

まこさん

5回は読んだかな!

 

この本は、ついつい忘れがちなDWEメソッドの内容をまとめてくれています。

  • DWEを買って1年未満のユーザー
  • DWEのユーザーになりたいと考えている
  • 子どもの英語教育に関心がある

そのようなご家庭には、持っておいても損はない一冊です。

 

しかも、シングアロングのサンプルDVDつき!

サンプルDVDには、ディズニー英語システムで人気のある歌が収録されています。

収録曲は下記のとおり。

  1. The ABC Song
  2. Clap Your Hands!
  3. Every Morning
  4. Yummy, Yummy Food
  5. Clean-Up Time
  6. My nose is in the middle of my face
  7. Up and Down
  8. Open your hands and close them
  9. Baby’s in the Bathtub

あなたのご家庭の英語教育が少しでも良い方向にすすめば、うれしく思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました m(._.)m