子供が絵本好きに育つ6つの家庭環境とは?

6歳までに子供が絵本好きに育つ6つの家庭環境

こんにちは。
えほんだいすき! な息子を持つまこさん (mako3_222) です。

「うちの子供は、ちっとも絵本を読んでくれない・・・。」

 

「どうしてあのママ友の子供は、絵本が好きなのだろう・・・?

とお悩みのママとパパへ。

当記事では、下記の内容をお伝えします。

 

当記事の内容
  • わが子が絵本好きに育った家庭環境をお伝えします。
  • どこのご家庭でも実践できる情報を共有します。

 

「絵本や読者が好きな子供に育ってほしい!」

と親の誰もが思いますよね。

最近3歳になったばかりの息子。
うれしいことに、わが息子は1日20冊の絵本を読むほど本が好きです。

あきさん

今日はあと5冊ね!

と伝えなければ、何冊でも絵本の読み聞かせを求めてきます。

そんな子供です。

 

そこで今回の記事では、「わが子は、どうしてここまで絵本を好きになったのか?」を考えました。

 

3分ほどで読み終わります。

少しばかりお時間をいただけるとうれしいです。m(_ _)m

 

わが子が絵本を好きになった6つの家庭環境

図書館で借りてきた絵本を読みまくる読む息子

まこさん

何も考えずに、ただ単に読み聞かせをしていたわけではありません。

「絵本好きな子供に育ってほしい」と願いながら、生活の一部を工夫してきました。

 

子供の絵本好きにつながった家庭環境。
6つの理由をまとめて紹介します!

  1. リビングの一番よい場所に本棚を置く
  2. 親が読書する姿を子供に見せる
  3. テレビは時間を決めて見る
  4. 図書館で絵本を大量に借りる
  5. 本の対象年齢は気にしない
  6. 絵本の読み聞かせを習慣にする

あきさん

この6つの方法は、どれもすぐに実践できますよ。

絵本の読み聞かせの目的

絵本に囲まれる子供

「絵本の読み聞かせって、結局なにがよいの・・・?」

と疑問に思うかもしれません。

絵本の読み聞かせの効果について、一度まとめておきます。

 

子供が読書をすることで、これらの効果を期待できます。

  • 思考力が高まる
  • 語彙力が増える
  • 知識が広がる
  • 理解力が深まる

まこさん

社会で生きていくための必須スキルですね。

 

子供を本好きに育てるための大切な取り組みが「絵本の読み聞かせ」

6歳までに本好きに育つかどうか?
子供の言語教育における、成功の分かれ道です。

6歳までに本好きな子どもに育てることができれば、子どもの言語教育はほぼ成功といって良いでしょう。

引用:世界標準の子育て

世界標準の子育て

 

「絵本の読み聞かせを好きになるには?」

をわが家の事例をもとに、次から解説します。

まこさん

それでは、6つの方法を順番に説明していきますね!

理由①:リビングの一番よい場所に本棚を置く

絵本がたくさんある本棚↑ リビングのベストポジションに置くわが家の本棚

 

子供が絵本好きになる家庭環境。
1つ目は、リビングに本棚を置くこと。

 

まずは本棚。
なによりも大切です。

 

もしもリビングに本棚を置いていないのならば、

「どうやって本棚を置くスペースを作ろうか?」

を真っ先に考えてください。そして、本棚を置いてください。

リビングで本棚より価値のある家具はない

「どうしても本棚を置くスペースがないよ!」

というご自宅があるかもしれません。

本棚をリビングに置けないおうちは、このような発想はいかがでしょうか?

 

「ソファを捨てたら本棚を置けるかも!」

まこさん

斬新な考えです。(*´з`)

わが家は10万円で買ったソファを捨てました。もちろん、本棚を置くためです。

 

夫婦で何度も話し合い、迷いました。

結果としては、ソファがなくても、意外と困りません。

このように家の空間を見つめなおしてください。あなたのリビングにも、本棚を置くスペースが見つかるかもしれませんね。

リビングのベストポジションには本棚を!

えほんだいすき! な息子を持つ親としては、リビングに本棚を置くことが最重要であると考えます。

 

地方小中高からハーバード大学へ現役合格した廣津留 真理(ひろつる・まり)さんは、このように言及しています。

リビングのベストポジションにこそ本棚を

引用:世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45 地方公立→ハーバード合格! どこの国、会社でも活躍できる子の育て方

世界のトップ1%に育てる親の習慣ベスト45 地方公立→ハーバード合格! どこの国、会社でも活躍できる子の育て方

 

まこさん

「リビングのベストポジションにこそ本棚を」は、とても印象に残る言葉でした。

リビングルームのベストポジションに置くべきなのは、大画面モニターのテレビ台ではなく、本棚。

廣津留 真理(ひろつる・まり)さんは、そのように力強く発言しています。

インターネット時代になっても、読書の重要性が変わることはないでしょう。


わが家のお気に入り本棚はこちら。
大人用と子供用で、2個持っています。

フナモコ コミックシェルフ ロータイプ 【幅75×高さ114cm】 エリーゼアッシュ CBA-76L

 

☆9つのお気に入りポイント☆

  1. 日本製
  2. 組み立て不要の完成品
  3. 家具なのに送料無料
  4. 前後段違いの収納力(前後2枚の可動棚)
  5. CD、DVD、絵本、育児書など、なんでも整理収納ができる
  6. 棚の高さを好きなように変えられる
  7. 図鑑などの大物も収納可
  8. 板の厚さが3cmと高品質に見える
  9. ロータイプで本棚の上にも物を置ける

 

理由②: 親が読書する姿を子供に見せる

親が読む育児本

子供が絵本好きになる家庭環境。
2つ目は、ママとパパの読書習慣です。

 

一度は、このことわざを聞いたことはありませんか。

「子は親をうつす鏡」

 

まこさん

ちょっと、ドキッとする言葉ですよね?
  • サッカー好きなパパなら、サッカー少年に。
  • ピアノが得意なママなら、ピアノが好きな女の子に。

じゃあ、本を読まない親の子供は?

当たり前ですが、その子供は本を好きになりませんよね。

 

花まる学習会代表の高濱 正伸(たかはま・まさのぶ)さん、親の読書習慣について、このように述べていました。

親こそ読書家になって子どもの鏡になる

引用:勉強が大好きになる花まる学習会の育て方

勉強が大好きになる花まる学習会の育て方

 

子供に本を読んでほしければ、まずは親であるママとパパが本を読む。

子供が絵本好きになるスタートは、そこからです。

本があちこちにある生活

子供用の本棚に加えて、夫婦用の本棚もリビングにあります。

テーブルだったり、リビングの床にドサっと置いてあったり、わが家の家庭環境は、あちこちに本がある生活です。

あきさん

「本のある生活が当たり前」と子供に思ってもらえるように、あえて、そうしています!

 

お出かけで電車に乗っているときは、スマホでなく読書。ちょっとしたスキマ時間には、ササっと本を取り出す。

このように、親の読書する姿勢を大切にしています。

子供が本好きになってほしければ、まずはママとパパからです!

まこさん

理由③: テレビは時間を決めて見る

テレビとの付き合い方

子供が絵本好きになる家庭環境。
3つ目は、テレビとの付き合いかた

「テレビをぼーっと見ているとあっという間に時間が過ぎてしまう・・・。」

 

「子供がテレビに引き込まれている・・・。」

まこさん

テレビの魅力、強すぎ!( ;∀;)

 

1日20冊の絵本を読むぐらい、絵本好きな息子でも、テレビには勝てません。

あきさん

テレビを付けているときって、絶対に絵本を読まないよね!
そうだね!

まこさん

 

わが家のテレビ対策は、以下4つ。

  • 見たい番組がなければ、テレビをつけない
  • 子供がテレビを見るのは、1日2時間まで
  • キャラクターが登場するアニメは極力見せない
  • 夜はテレビを見ない

テレビは読書の時間を奪う

テレビの見すぎは、子供に悪影響を与える事実をご存じでしょうか?

テレビを多く見る家庭は、子供の読書量が少ないそうです。

テレビは「読書の時間」を奪う

引用:いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

いまの科学で「絶対にいい! 」と断言できる 最高の子育てベスト55―――IQが上がり、心と体が強くなるすごい方法

 

テレビの悪影響は、ほかにもあります。「最高の子育てベスト55」で学びました。

  • 子供が行動をストップし、ママや友達との交流をしなくなる
  • 体を動かさないので、太りやすくなる
  • 遊ぶ時間が減り、工夫した遊びが少なくなる
  • 集中している時間が減る
  • 睡眠の問題が多くなる

まこさん

たしかに、親戚の集まりでテレビをつけると、子供たちの行動はストップするからなぁ。
テレビとの付き合い方は、考えたいですね。

あきさん

 

理由④: 図書館で絵本を大量に借りる

図書館から借りてきた絵本↑ 一度に、図書館から借りてきた絵本

 

子供が絵本好きになる家庭環境。
4つ目は、絵本を借りるのに図書館を利用する。

 

あきさん

絵本って、なかなか高いよね!
1冊1200円とかするしね!

まこさん

 

本棚にある絵本の半分ぐらいは、図書館で借りてきた絵本です。

まこさん

一度に30冊の絵本を借りています。図書館のスタッフには驚かれますよ。(゚д゚)!

 

いつもお世話になっている図書館のメリットは、ざっとこんな感じです。

  • 無料で利用できる
  • たくさんの絵本を読める
  • 1人30冊まで借りられる。夫婦2人で60冊!
  • 最大4週間まで延長可能(通常2週間 + 延長2週間)
  • インターネットで予約できる

買いそろえるとお金がかかります。本棚のスペースも必要です。

でも、図書館を利用したら、本棚の絵本を入れ替えられて、たくさんの絵本に触れられます。

まこさん

絵本を返しては、また借りる。この繰り返しですね。
子供がほんとうに気に入った絵本は、買うこともあります。

あきさん

 

図書館が近くにあるママとパパは、ぜひ利用してみてください。

理由⑤: 絵本の対象年齢は気にしない

子供が絵本好きになる家庭環境。
5つ目は、絵本の対象年齢は気にせず子供が好きそうな絵本を読むこと。

 

わが家の本を選ぶ基準はずばり・・・!
息子が好きそうかどうか。

 

当時2歳の息子は、新幹線がだいすき! かたっぱしから新幹線の絵本を借りていました。

たとえば、4~5歳向けの絵本。
はしる! 新幹線「こまち」を読み聞かせることもあります。

まこさん

漢字でも気にしません。

はしる! 新幹線「のぞみ」の文章

 

「はしる! 新幹線」シリーズは、大ヒットでしたね。

ゆうき

いまでも好きだよ!

「はしる! 新幹線」シリーズは、全部で4冊。どの絵本も新幹線好きの男の子には、オススメです。

ゆうき

「こまち」と「のぞみ」の絵本は、持っているよ!

 

理由⑥: 絵本の読み聞かせを習慣にする

ママと子ども - お膝の上で絵本の読み聞かせ

子供が絵本好きになる家庭環境。
最後となる6つ目は、絵本の読み聞かせを習慣にすること。

 

食事や歯みがきと同じです。
息子が0歳のときから、寝る前の読み聞かせが習慣になっているわが家。

あきさん

読み聞かせの時間も、1日のスケジュールに入れています。

 

息子が眠そうであれば、さすがに読まない日はありますが、読み聞かせは、ほぼ毎日の習慣です。

ご家庭によっては、読み聞かせを習慣にできる時間帯は違ってくると思います。

あきさん

絵本の読み聞かせを習慣にしやすい時間をぜひ見つけてください。


子供が絵本好きになる家庭環境。
以上、6つの紹介でした。

最後に、記事をカンタンにまとめます。

【まとめ】6歳までに子供が絵本好きになる家庭環境

ママと子ども - 絵本の読み聞かせ

「本を読む子供に育ってほしい・・・。」

親の誰もがそう願いますよね。わが家もそうです。

運がよいことに、絵本が好きな子供に育ってくれています。

 

「なぜ、息子は絵本を好きなったのか?」

この記事では、わが家で工夫した「子供を絵本好きに育てるため」の家庭環境を、あらためて考えてみました。

以下、6つの家庭環境でしたね。

  1. リビングの一番よい場所に本棚を置く
  2. 親が読書する姿を子供に見せる
  3. テレビは時間を決めて見る
  4. 図書館で絵本を大量に借りる
  5. 本の対象年齢は気にしない
  6. 絵本の読み聞かせを習慣にする

 

まずは、リビングに本棚を置いて、本のある生活を作る。そして、ママとパパ自身も読書をしてください。

あとは、難しいことを考えずに、絵本を心から楽しみましょう。子供も楽しくなります。

 

絵本の読み聞かせは、子供と触れ合う大切な時間

 

ぜひ、読み聞かせライフを楽しんでください。


この記事で紹介した絵本や育児本などの情報を、まとめて貼っておきます。

¥1,620 (2018/12/14 08:13:25時点 Amazon調べ-詳細)