【絵本の読み聞かせのコツ6選】元幼稚園の先生が教えます!

カンタン! 元幼稚園の先生が伝える絵本の読み聞かせのコツ6選

こんにちは。
えほんだいすき! な息子を持つまこさん (mako3_222) です。

「絵本が好きな子どもの親ってどんなことをしているのだろう・・・?」

 

「わたしにもできる絵本の読み聞かせのコツってないのかなぁ・・・?」

とお悩みのママとパパへ。

当記事では、下記の内容をお伝えします。

 

当記事の内容
  • 元幼稚園の先生(10年勤務)が、わが子にどのような読み聞かせを行っているかをお伝えします。
  • 1日20冊の絵本を読み聞かせるほど、子どもが絵本を好きになった方法。
  • すべてのママとパパ向け。カンタンな読み聞かせのコツ。

 

いま3歳の息子。
うれしいことに、絵本好きに育ってくれました。1日20冊の絵本を読む日も (゚д゚)!

 

そこで今回の記事は、「なぜ息子は絵本を好きになったのか? 絵本の読み聞かせで、わが家が大切にしていること」を考えました。

 

10年間、元幼稚園の先生をしていたママのあきさんが、わが家で行っている絵本の読み聞かせです。

その読み聞かせのコツを、パパのわたし(まこさん)も実践。内容をまとめました。

 

3分ぐらいで読み終わります。

少しばかりお時間をいただけるとうれしいです。m(__)m

 

【結論】カンタン! うちの子どもが絵本好きになった読み聞かせのコツ6選

カンタン! うちの子どもが絵本好きになった読み聞かせのコツ6選

まこさん

なにも考えずに読み聞かせをしてきたわけではありません。

 

がんばりすぎず、でも少しだけがんばる。

子どもとの時間を大切にする読み聞かせのコツです。

 

絵本の読み聞かせ。
6つのコツを最初にご紹介します。

  1. ママとパパも絵本を楽しむ!
  2. 子どもが途中で飽きる! それでも怒らない。
  3. 聞いてなくても最後まで読んでみる
  4. 子どもの好きなようにページをめくらせる
  5. 子どものリクエスト「もう1回!」に付き合う
  6. 自分の気持ちを込める

 

ゆうき

えほん、だいすき!

「あと、〇〇冊で終わりにしよっか!」

と伝えなければ、何冊でも読みたがる息子。

このような息子に育った理由を振り返ってみると、「6つのコツを意識してきたからかな? 」と思います。

 

あきさん

全部をいきなり実践する必要はありません。できるところから、試していただけるとうれしいです。

 

それでは、6つのコツを、1つずつ解説していきますね。

読み聞かせのコツ① ママとパパも絵本を楽しむ!

パパと子ども - 絵本の読み聞かせ

絵本の読み聞かせのコツ。
1つ目は、子どもとの時間を楽しむこと。

 

親がつまらない気持ちだと、子どももつまらない。そういう気持ちって伝わります。

だから、親も楽しむ気持ちが大切

 

そうは言っても、
「絵本の読み聞かせは、ちょっと大変。日々の生活で楽しむ余裕がない。。。」

こんな風に考えてしまうママもいるかもしれません。

 

楽しむコツは、子どもとの時間を大切に思う気持ちです。

 

「あと何年、子どもをヒザの上に乗せて、絵本の読み聞かせができるかなぁ・・・。」

と考えたことは、ありませんか?

きっと、10年もないですよね。
あと5年かもしれません。

そう考えると切なくなりますよね。(T-T)

 

読み聞かせは、子どもとゆっくりコミュニケーションが取れる貴重な時間。わたしは、そのように考えています。

まこさん

普段、仕事で子どもとコミュニケーションを取れていないパパさん。ぜひ絵本の読み聞かせをしてみてください。

絵本の読み聞かせは、1冊読んであげるたった5分だけで、子どもとのコミュニケーションの時間になりますよ。

 

読み聞かせのコツ② 自分なりの気持ちを込める

図書館で借りてきた絵本をさっそく読む息子

絵本の読み聞かせのコツ。
2つ目は、読み聞かせに自分の気持ちを込めること。

 

「魅力的な読み聞かせのコツは・・・?」

  • 声の抑揚
  • 声の声量
  • 役者になりきる

このような記事を読んだことがあります。

まこさん

なるほど、なるほど。って難しい!

 

保育士の経験があるわけでもない。
「実際にやるのは難しいなぁ・・・。」とわたしは思いました。

 

「自分ができる、自分なりの気持ちを込めて絵本を読む」

それぐらいで十分です。

下手でも大丈夫。わが子にとって、声量と抑揚なんて関係ありません。

子どもは親が読んでくれる。それだけで、うれしいはずですから。

 

まこさん

読み聞かせ初期は、恥ずかしい気持ちはありました。繰り返すうちに、パパでも慣れますよ。

自分なりに気持ちを込めて絵本を読めば、声は自然と適量になります。読み聞かせは、上達していきますよ。

まこさん、読み聞かせうまくなったよね!

あきさん

読み聞かせのコツ③ 子どもが途中で飽きる! それでも怒らない。

並んでいる絵本

絵本の読み聞かせのコツ。
3つ目は、読み聞かせの途中で子どもが飽きても怒らないこと。

 

絵本をせっかく読んでいるのに、

フラフラ~。

と子どもがどこかに行ってしまいませんか?

わが子も同じです。いまでもそんなときがあります。

 

「せっかく読んでいるのに!」
とイラっとするかもしれません。

けれど、フラフラするのが子どもです。

「最後まで聞かないと、読んでくれている相手に失礼だな。」

なんて大人のようには考えません。

 

もし自分が子どもだったら? と一度、想像してみてください。

「絵本の時間 = ママがいつも怒る!( ノД`)…」

これだと、親に読んでもらうのが、きっと嫌になりそうですよね。

 

子どもは、フラフラしたくなったら、フラフラしたい。怒らずに、フラフラさせてあげましょう。

 

読み聞かせのコツ④ 聞いてなくても最後まで読んでみる

積まれている絵本 - これから読み聞かせ♪

絵本の読み聞かせのコツ。
4つ目は、途中で聞かなくなっても最後まで読んでみること。

 

コツ3つ目の「子どもがフラフラしても怒らない」のその先の行動です。

 

読み聞かせの途中で、子どもがフラフラとどっか行ってしまう。

それでも、読み聞かせを続けてみてください。

子どもって聞いていないようで、意外に聞いています。

 

あきさん

絵本の前に戻ってきて、もう一度ママのヒザに座ることもありますよ。

読み聞かせのコツ⑤ 子どもの好きなようにページをめくらせる

2歳の息子が絵本に夢中!

絵本の読み聞かせのコツ。
5つ目は、子どものペースにあわせて、好きなようにページめくりをさせること。

 

読んでいる箇所とは関係なし!
自分の好きなタイミングでページをめくる息子。

わたしはなにも気にせず、めくった先のページから読み始めます。

 

まこさん

もう! 読んでいる途中なんだから!

なんて言わないように。

 

子どもが読みたいページを読む。
子どもの気持ちを優先させてあげましょう。

ページが飛ばされまくって5秒で読み終わることも。たいていは、次の絵本をすぐに読み出します。

 

好きだからこそ、この先にどのような絵があるかを早く見たい。

あきさん

子どもって、絵本を絵で楽しむんです。だから、読み飛ばしは仕方ないんですよ。

 

読み聞かせのコツ⑥ 子どものリクエスト「もう1回!」に付き合う

本棚から絵本を取り出す子供

絵本の読み聞かせのコツ。
6つ目は、子どもの「もう1回読んで!」に付き合うこと。

 

ゆうき

もう1回!もう1回!

 

「もう3回目だよ。。。」
さすがに飽きてきたな。

 

親のほうが、先に飽きてしまいます。大人はよほどのことがない限り、同じ本を繰り返して読みません。

でも子どもは、繰り返しが好きです。

 

違う絵本を読みたいのはママの都合。
繰り返して読みたい絵本は、子どものお気に入りの絵本である証拠です。

ママとパパは、同じ絵本を何度も読み聞かせるのは飽きてしまいますが、子どもの願いを、ぜひ叶えてあげてください。

繰り返し読むことで新しい発見を見つける

何度も同じ本を読んでいると、新しい発見をすることがあります。

ゆうき

あ! このページにも同じ消防車がある!

 

子どもと一緒に新しい発見をする。
「同じ時間を共有しているなぁ」と感じ、なんだかうれしい気持ちになります。


子どもが絵本好きになる読み聞かせのコツ。
以上、6つの解説でした。

【まとめ】子どもが絵本好きになった読み聞かせのコツ6選

ママと子ども - 絵本の読み聞かせ

うちの息子は、絵本が本当に好きです。

 

絵本の読み聞かせのコツは、以下の6つでしたね。

  1. ママとパパも絵本を楽しむ!
  2. 子どもが途中で飽きる! それでも怒らない。
  3. 聞いてなくても最後まで読んでみる
  4. 子どもの好きなようにページをめくらせる
  5. 子どものリクエスト「もう1回!」に付き合う
  6. 自分の気持ちを込める
  • あまり難しいことは考えずに、子どもとの時間を楽しむ。
  • 子どもの好きなように絵本を読ませる。

結局はそれが1番かなと思います。

 

「子どもが1日20冊の絵本を読むぐらい絵本を好きになった。読み聞かせのコツは?」

今回の記事を書くにあたり、「息子が絵本好きな理由」をあらためて振り返ってみました。

  • いつも読み聞かせをしている
  • 絵本好きな子どもに育ってほしい

と思うママとパパに、当記事が少しでも参考になればうれしいです。m(__)m