子供の迷子を防止しよう!すぐできる対策ならインフォバンド(迷子札)がおすすめ!

子供の迷子を防止しよう!すぐできる対策ならインフォバンド(迷子札)がおすすめ

こんにちは!まこさん (mako3_222) です。

「子供の迷子が心配。そろそろ迷子対策をしておかないと。でも迷子対策って何をすれば良いの?」

このようなママ向けの記事です。

 

実は、息子が2歳(現在3歳)のときに、ちょっとした迷子になりまして・・・

その経験から迷子対策として、インフォバンド(迷子札)を取り入れました

インフォバンドを付けて歩く息子

この記事では、インフォバンドについてと、以下の内容もあわせてご紹介します。

  • インフォバンド以外の迷子対策
  • 迷子になりやすいシチュエーション

それでは、本文に入りましょう。

そもそもインフォバンド(迷子札)とは?

まこさん

一言で言えば、おしゃれでかわいい、スウェーデン製の迷子対策用バンドです。

スウェーデン製のインフォバンドわが家で買ったインフォバンド

スウェーデン製のインフォバンドインフォバンドを見て電話をかける迷子の発見者

スウェーデン製のインフォバンド…just in case (もしものために・・・)

 

冒頭で述べたように、息子が2歳のときに迷子になりまして・・・ (TдT)

【実録】2歳の子供が迷子!?すぐに探すも見つからない・・・? 【実録】2歳の子供が迷子!?すぐに探すも見つからない・・・?

息子が見つかるまでの間は、自分史上最悪なパニック状態でした。

あんな思いは二度としたくないですね・・・

子供の迷子防止・対策としてインフォバンド(迷子札)をおすすめする11個の理由

  1. カンタンに使える
  2. まだ話せない子供でもOK
  3. 保護してくれた人に親の連絡先を伝えられる
  4. おしゃれ、かわいい
  5. 安い(Amazonで540円)
  6. ぱっと見て個人情報がもれることはない
  7. プールなど服を着ていない場所でも使える
  8. 濡れても大丈夫
  9. リュックに取り付けてもOK
  10. カンタンには外れない
  11. 機械ではないので故障しない

まこさん

子供がインフォバンドを嫌がるときは、いつも身につけるリュックなどの小物に取り付けるのもOK。付けないよりかは安心ですね。

インフォバンド (迷子用バンド) くるま - リュックに装着リュックにインフォバンドを取り付け

子供の万が一のときに・・・。

安い。カンタンに使える。取り付けるだけ。

迷子対策として、インフォバンドを使わない理由は、ないですね。

よいこと尽くしのインフォバンドですが、デメリットもあります。

  • 子供の居場所が分からない
  • 情報がもれるかも?
  • 目立たない場所につけると、迷子札とは気づかれない可能性も(腕につけたら、その心配はなし)

インフォバンド以外の迷子対策も合わせて考えました。

次のパートでお話しますね。

 

インフォバンド以外の迷子対策は?

「ほかの迷子対策はあるのかな?」

 

「インフォバンドと比べたらどう?」

気になりますよね。

インフォバンド以外の、迷子対策をご紹介します。

迷子対策のメリットとデメリット

迷子防止策 メリット デメリット
● 目立つ洋服を着せる カンタンにできる 親が着てほしい服を子供が来てくれない
● 迷子ひも・ひも付きのリュック 手をつないでくれない。まだ手をつなげない子にも使える 犬みたいで、ちょっと抵抗がある
● キッズ携帯などのGPS端末やアプリを使う 子供の居場所が分かる 高い・充電切れがある。子供の迷子を発見した人に親の情報を伝えられない
● デジタルまいごひも 実際のひもを使う必要がない ちゃんと作動するか不安
● 子供を1人にしない・目を離さない すぐにできる 親も人間。いつでも完璧にできるわけではない

※ スマホ使用時は表を右スクロールできます

 

どの迷子対策もメリット、デメリットがあります。

まずは、カンタンにできるインフォバンドの導入。追加の対策として、GPS端末やアプリを使う。

この2つがあれば、迷子対策としては、バッチリですね。

  • インフォバンド = 子供を見つけてくれた保護者に、親の連絡先を伝えられる
  • GPS端末やアプリ = 子供の居場所を特定できる

迷子対策グッズの一部をご紹介!

ひも付き(ハーネス)リュックなど。

わが家では取り入れていませんが、ネットで調べてて良いと思った迷子対策グッズをご紹介します。

息子のお気に入りはカーズの赤い靴!

Genki-Kidsで購入したDisney ディズニー ディズニー「カーズ」のキッズシューズ キッズ Moonstar子ども靴専門店のゲンキ・キッズで購入

赤色でとても目立つ!!

色が目立つ洋服や靴を取り入れるのも、迷子対策としては有効です。

しかも、国内シューズメーカーのムーンスターでしたの安心して購入できました。

Moonstarのタグ

わたしが買った商品は売り切れてしまったようです。似たような商品ならネットで見つけました。

【ママ必読】ショッピングセンターでの迷子率は◯◯%!?

あなたはご存じでしょうか?

  • 子供が迷子になりやすい年齢は?
  • 外出先で子供がもっとも迷子になりやすい場所は?
  • 子供が迷子になるときはどんなとき?

実は、迷子になりやすい場所、シチュエーションには、データで出ています。

迷子になりやすい、注意すべき場所を事前に把握しておきましょう。

それでは、ワースト3を発表します!

 

子供が迷子になったときの年齢は?

1位:2~5歳  |  54.0%
2位:小学生1年~2年  |  28.6%
3位:小学生3年~4年  |  8.0%

 

子供が迷子になりやすい場所は?

1位:ショッピングセンター  |  70.1%
2位:遊園地  |  26.3%
3位:スーパー  |  21.4%

 

子供が迷子になるときは、何をしていたとき?

1位:親が何かに夢中になっている間に見失う  |  38.4%
2位:子供が先々と行ってしまう  |  36.2%
3位:「ここで待ってて」と言ったがはぐれる  |  17.4%

 

子供が迷子になったら、どんなことをした?

1位:子供の好むコーナーに行く  |  40.2%
2位:インフォメーションに行く  |  30.4%
3位:名前を呼ぶ  |  17.4%

※ エンプライズ発表による、外出先で子供が迷子になってしまう「親子の迷子」についての調査を参考:
リンク先:https://news.mynavi.jp/article/20151010-a072/

つまり!

迷子になる王道はこうです。

  1. 2~5歳の子供を連れて、ショッピングセンターに行く。
  2. 親が買い物やスマホに夢中。あるいは下の子の面倒を見ている間
  3. 子供が1人でフラフラ~と、どこかに行ってしまう
  4. 結果、迷子になる

 

ショッピングセンターには、おもちゃ売り場やゲームセンターなど、子供が好きなコーナーがありますもんね。

人もたくさんいますし。

ショッピングセンターにいるときは、子供の迷子に注意しましょう!

 

【まとめ】迷子を防止しよう!ママがしておきたい子供の迷子対策はインフォバンドで決まり!

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Färgglada Barnkläderさん(@morslilla.se)がシェアした投稿

まこさん

記事をまとめます。

カンタンにできる迷子対策は、インフォバンド!

インフォバンドだけで心配なママは、インフォバンド + ◯◯(子供の居場所がリアルタイムで分かるGPS付き迷子対策グッズ)が安心です。

インフォバンドのメリット

  • カンタンに使える
  • まだ話せない子供でもOK
  • 保護してくれた人に親の連絡先を伝えられる
  • おしゃれ、かわいい
  • 安い(Amazonで540円)
  • ぱっと見て、個人情報がもれることはない
  • プールなど服を着ていない場所でも使える
  • 濡れても大丈夫
  • リュックに取り付けてもOK
  • カンタンには外れない
  • 機械ではないので故障しない

インフォバンドのデメリット

  • 子供の居場所が分からない
  • 連絡先の情報がもれる
  • 目立たない場所につけると、迷子札とは気づかれないかも?(腕につけたら、その心配はなし)

インフォバンド以外の迷子対策

  • 目立つ洋服を着せる
  • 迷子ひも・ひも付きのリュック
  • キッズ携帯などのGPS端末やスマホアプリ
  • デジタルまいごひも
  • 子供を1人にしない・目を離さない

迷子になりやすい王道シチュエーション

  • 子供の年齢が2~5歳
  • ショッピングセンター
  • 親が何かに夢中になって、子供から目を離しているとき

大切なわが子が迷子になる前に・・・

【実録】2歳の子供が迷子!?すぐに探すも見つからない・・・? 【実録】2歳の子供が迷子!?すぐに探すも見つからない・・・?

迷子対策をきちんとしておきましょう。

 

「子供の命は、自分の行動にかかっている!」

決して、大げさな表現ではありません。

  • 子供を絶対に1人にしない
  • 子供からは目を離さない

これらは基本ですが、親としては大事なこと。迷子の原因は、親のちょっとした油断であることが多いです。

あなたのお子さまは、

お金には絶対に変えられない、とても大切な宝物です

 

だからこそ、親の行動と意識、迷子対策について、あらためて考えてほしい。

このような思いで、今回の記事を書きました。

 

最後に、本文中に出てきた迷子対策グッズをまとめておきます。

おすすめはインフォバンド!

インフォバンド以外の迷子対策グッズ