鉄道博物館(大宮)の年間パスポートを作ったよ!こんなママパパにおすすめ!

鉄道博物館(てっぱく)の年間パスポートを作ったよ!こんなママパパにおすすめ!

うちの子、鉄道博物館がこんなに好きなら、年パスを買ったほうがお得かも!?

なんてことを思っていませんか?

 

実は私も同じように思っていまして・・・

ついに、年パス買っちゃいました!

しかも、2回目です!(笑)

鉄道博物館(てっぱく)の年間パスポートを作ったよ!

 

ただですよ、年パスを買うのって、元を取れるかどうか心配ではありませんか?

せっかく買ったのに、1回も使わずに終わった。。。

なんてことになったら、年パス買った意味がないですもんね。

 

なので、今回の記事では、“てっぱくLOVE”な3歳の息子を持つ私(まこさん)が、

  • 年パスの料金表
  • 年パスの注意事項
  • 私が年パスを買った3つの理由
  • こんなママパパは、年パスをおすすめできる・できない

などをお伝えしていきますね。

 

この記事を読めば、鉄道博物館(てっぱく)の年パスを買ったほうがお得なのかどうか、参考にできる内容となっております。

それでは、本文に入りましょう。

鉄道博物館(てっぱく)の年パスの料金表

鉄道博物館(てっぱく)年間パスの料金表てっぱくのスタッフに撮影許可済

区分 1年パス(税込)
一般 5,000円
小中高生 2,500円
幼児(3歳以上) 1,000円

まこさん

幼児の区分は、3歳以上から小学生の入学前まで。0~2歳は無料です!

年パスの注意事項

鉄道博物館(てっぱく)年パスの注意事項てっぱくのスタッフに撮影許可済

  • 支払いは現金または交通系ICカードのみ
  •  購入日より1年間有効
  • 本人のみ使用可
  • 年パス忘れ・紛失は入館不可
  • 払い戻し・返金はなし

まこさん

まぁ、ごく普通の内容ですね。支払いにクレジットカードは使えないのでご注意ください。

通常の入場料金

区分 個人(税込)
一般 1,300円
小中高生 600円
幼児(3歳以上) 300円

まこさん

次に、何回行けば元を取れるのか計算してみましょう。

年間に何回行けば元が取れるの?

区分 元を取れる回数
一般 年間4回
小中高生 年間5回
幼児(3歳以上) 年間4回

まこさん

年間パスポートの料金を、通常の入場料金で割ってみました。
  • 一般:5,000円 ÷ 1,300円 = 3.8回
  • 小中高生:2,500円 ÷ 600円 = 4.1回
  • 幼児:1,000円 ÷ 3000円 = 3.3回

以上の計算から、一般区分の親と3歳以上の子どもは、鉄道博物館に年間4回以上行けば、年間パスの元を取れます。

小中高生のみ、年間5回以上行けば、元を取れます。

 

まこさん

どうですか? 年間4回以上行けそうですか?

3カ月に1回のペースですね。

ちょっと多いような気がしますが、どうでしょうか。

前売り券・割引チケット

まこさん

お出かけ費を安く抑えたいあなたに朗報!

年パス以外で、割引チケットの情報を知りたい方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

関連記事:
⇒⇒⇒ 鉄道博物館(てっぱく)の入場料金は?前売り券や割引チケットを調べてみた!

鉄道博物館(てっぱく)の入場料金は?前売り券や割引券を調べてみた! 鉄道博物館(大宮)の入場料金は?前売り券や割引チケットをやさしく解説

 

冒頭でお話しした通り、私が鉄道博物館の年パスを買ったのは2回目なんですよね。

一般 + 幼児(3歳以上)で合計6,000円しました。

それでも、十分に元を取れましたし、年パスを買って良かったです。

 

そのあたりの理由を、次で説明していきます。

私が鉄道博物館(てっぱく)の年パスを買った3つの理由

  1. 子どもがプラレール好きだから
  2. 片道1時間以内だから
  3. お出かけ代を節約したいから

まこさん

年パスを買った理由はこんな感じですね。

あなたも同じような条件であれば、年パス買うのはアリだと思いますよ!

 

もう少し説明したほうが、スッキリ納得するかもしれませんね。

鉄道博物館の年パスを買った3つの理由を、順番に補足します。

理由①. プラレールが好きだから

まこさん

「息子のプラレール好き!」が一番の理由です!

鉄道博物館に初めて行ったのが、うちの息子が1歳になったばかりのころ。

初めて行ったときの息子の反応は、なんだか微妙でした。

展示車両のスペースが薄暗くて、怖かったのかもしれません。

 

まぁこんな感じだったのですが・・・

 

息子が2歳になったぐらいの頃ですかね。

鉄道博物館への思いが明らかに変わったキッカケは、男の子なら誰もが好きなプラレール!

てっぱくのプラレールゾーンで遊ぶ3歳の息子
鉄道博物館(てっぱく)のプラレールゾーンで遊ぶ3歳の息子

 

うちの家にはプラレールがなくて、プラレールで遊びたいときは、鉄道博物館!

という流れにいつの間にかなりまして。

 

1回行ったら、プラレールゾーンで2~3時間は遊んでいますよ。

それで、年パスを買ったほうがお得だなと思い、年パスを買ったわけです。

 

それと、プラレールって揃えるとなると、結構なお金がかかりませんか?

場所も取るし、電池の消費量もすごいみたいだし、ガチャガチャうるさいし(笑)

 

私の個人的な気持ちとしては、できれば、プラレールは買いたくない。。。

鉄道博物館のプラレールゾーンでめいっぱい遊べるから、いまのところプラレールを買わずにすみそうです(笑)

理由②. 片道1時間以内だから

まこさん

近いと通いやすい!

がんばれて、片道1時間以内ってところでしょうか?

当たり前ですが、鉄道博物館が近いと行きやすいですし、遠いと行くのが面倒になりますよね。

 

片道1時間であれば、ちょっとしたお出かけ気分を味わえます。

散歩できたり、電車に乗れたり、家にいるより体を動かせるので、今日は行くところが浮かばないなぁ、なんてときに鉄道博物館の年パスがあると重宝します。

理由③. お出かけ代を抑えたいから

まこさん

節約効果は思いのほか大きいです!

有料施設の遊び場スポットにお出かけすると、数千円はすぐに飛んでしまいませんか?

交通費やら、ランチ代やら、入場料やらで。

「遅くなったから夕飯も食べて帰ろう!」

なんてことにもなったら、あっという間に1日のお出かけ費が5000円オーバーに・・・

 

でも、わが家が鉄道博物館に行くときは、電車賃だけですみます!

割安なお出かけになるのに加えて、鉄道博物館の良さは、食べ物が持ち込み可能なところ。

 

館内には休憩スペースがたくさんあるので、混雑している週末でも問題なし。

弁当を持っていったり、弁当を用意できなかったときは、軽めのランチでおにぎりを食べたりします。

 

ランチを食べたあとは、ウトウト。

お昼寝が欠かせない子どもを連れているママには、ベビーカーをレンタルできるのはありがたいですね。

関連記事:
⇒⇒⇒ 【実録】鉄道博物館(てっぱく)でベビーカーをレンタルしたら便利でした!

【実録】鉄道博物館(てっぱく)でベビーカーをレンタルしたら便利でした! 【実録】鉄道博物館(大宮)でベビーカーをレンタルしてみた感想

 

鉄道博物館(てっぱく)の年パスはこんなママパパにおすすめ!

  • プラレールが自宅になく、プラレールで遊びたい男の子
  • 鉄道博物館まで片道1時間以内
  • お出かけ費をなるべく節約したい

どうですか? 当てはまりますか?

当てはまったら、ぜひ年パスの購入を検討してみてくださいね。

鉄道博物館(てっぱく)の年パスはこんなママパパにはおすすめできません!

  • プラレールが自宅にあり、プラレールでいつでも遊べる
  • 鉄道博物館まで片道1時間以上
  • お出かけ費の節約は考えていない

鉄道博物館のプラレールゾーンに魅力を感じますか?

てっぱく・プラレールゾーンの雰囲気
鉄道博物館(てっぱく)のプラレールゾーンの雰囲気

 

もしも、魅力を感じないのであれば、年パスを買っても、元を取れない可能性が大きいです。

鉄道博物館にプラレールゾーンがなかったら、うちの息子は、何回も行きたいとはさすがに言いません。

 

展示車両や体を動かせる広場はありますが、プラレールなしで、年間4回以上通うのは想像できないかな。

ただ、電車がものすごく好きで、見ているだけで楽しくてワクワクしちゃう!

という子どもなら、年パスはアリですね!

 

まとめ

通常の入場料金

区分 個人(税込)
一般 1,300円
小中高生 600円
幼児(3歳以上) 300円

年間パスの料金表

区分 1年パス(税込)
一般 5,000円
小中高生 2,500円
幼児(3歳以上) 1,000円

年パス代の元を取れる回数

区分 元を取れる回数
一般 年間4回
小中高生 年間5回
幼児(3歳以上) 年間4回

年パスをおすすめできるママパパ

  • プラレールが自宅になく、子どもがプラレール好き
  • 鉄道博物館まで片道1時間以内
  • お出かけ費を節約したい
  • 子どもがたまらなく電車好き

 

プラレールが自宅にあって、いつでも遊べるよ!

というご家庭は、年パスはおすすめできません。

正直、プラレールゾーンなしで、1年に4回も通えるか疑問です。

まこさん

うちは無理です。

はやぶさを間近で見れたり、キッズライブラリーがあったり、ミニ運転列車があったり、魅力的なスポットが鉄道博物館に多いのは確かです。

でも、1日あれば十分に堪能できます。

鉄道博物館に行くにしても、せいぜい1年に1回で十分かなって思いますね。

 

わが家の場合は、

  • 家にプラレールがない
  • 片道1時間以内
  • お出かけ費をなるべく節約したい

など、元を取れる要素があったため、年パスを買って正解でした。

 

年パスを買う以外にも、鉄道博物館にお得に行ける方法がありますよ!

気になる方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

関連記事:
⇒⇒⇒ 鉄道博物館(てっぱく)の入場料金は?前売り券や割引チケットを調べてみた!

鉄道博物館(てっぱく)の入場料金は?前売り券や割引券を調べてみた! 鉄道博物館(大宮)の入場料金は?前売り券や割引チケットをやさしく解説