2歳の子供と東京葛西の地下鉄博物館(ちかはく)にお出かけ!

まこさん

こんにちは。「家族で子育てを考える」のまこさんです。

つい先週の土曜日。

東京メトロ東西線葛西駅からすぐ近くの地下鉄博物館に家族で行ってきました~!

地下鉄博物館の入口

この記事は?
大人1人たったの210で楽しめる、地下鉄博物館のお出かけレビュー記事です。

もうすぐ3歳の息子も大満足のお出かけ。写真付きでたっぷりと紹介します!

さいたま市にある鉄道博物館鉄道博物館(てっぱく)が好きなら間違いなし!

「地下鉄博物館」は、乗りもの好きな男の子には100%楽しいお出かけスポットです。

それでは、家族3人で行ってきた地下鉄博物館のレビューをご覧ください。

① 地下鉄博物館のお出かけデータ

地下鉄博物館の丸ノ内線第1号車

大人1人の入館料は210円(税込)です。

「500円ぐらい払ってもいいよね??」

と夫婦揃って言うぐらい、コストパフォーマンスが良いお出かけスポットです。

それでは地下鉄博物館の概要を下記の表でまとめます。

※ 表は右にスクロールできます。

・ウェブサイト 地下鉄博物館(ちかはく)
・入館料(税込) 大人210円 こども100円(満4歳以上中学生まで)
3歳以下無料
・開館時間 午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
・所要時間 3時間
・休館日 毎週月曜日(祝日・振替休日が月曜日の場合は、その翌日)
年末年始 (12/30~1/30)
・駐車場 あり。詳細は公式サイトをクリック
・最寄駅 東京メトロ東西線葛西駅 葛西駅高架下
快速電車は葛西駅に止まりません
・住所 〒134-0084 東京都江戸川区東葛西六丁目3番1号
・電話番号 03-3878-5011
・飲食持ち込み 持ち込みOK
館内の「休憩コーナー」で飲み物や菓子パンの自動販売機あり。
・対象年齢 幼児~小学生
・コインロッカー あり(無料)
・ベビーカー 入場OK
受付にてレンタルあり(台数に限りあり)
・べビーチェック 授乳室、おむつ交換台あり
子ども用トイレあり

1-1. グーグルマップ

地下鉄博物館の最寄り駅は、東京メトロ東西線葛西駅。

改札を出て3分ほど歩きましたが、駅と地下鉄博物館が直結していると考えてもいいぐらいの近さです。

参考までにグーグルマップをどうぞ。

② お出かけ当日

地下鉄博物館にお出かけして、思ったことをピックアップしました。

次の2-1からどうぞ。

2-1. 快速電車は止まらない

まこさん

東京メトロ東西線は、ほとんど利用しません。

そのため快速電車が葛西駅に止まらないことを知らずに、有楽町線の飯田橋駅から快速電車に乗ってしまいました。

「乗り換え予定の電車より一本早めに乗れてラッキー」

なんて思っていたら、

「あれ?もしかしてこの電車は葛西駅に止まらない??」

と気付き、快速電車から慌てて降りました。

葛西駅は各駅電車しか止まりませんので、わたしみたいに間違えないようにご注意ください。

2-2. 入館料は夫婦で420円!

地下鉄博物館の入館券

入館料は夫婦で420円(税込)。

息子は2歳ですので入館料はかかりません。

とても良心的な値段設定で、申し訳ないくらいでした。

まこさん

てっぱくの入館料は大人1人1000円(税込)しますから、かなり安いと思いましたね。
メモ
てっぱくの入館料は、2018年7月5日(木)ご利用分から大人1人1300円に値上げされます。

2-3. お弁当持参OK

地下鉄博物館は、お弁当の持ち込みOKです。

休憩室はそこまで広くないですが、ぱっと見て30人ぐらい座れるスペースがありました。

まこさん

家族でのお出かけは、お昼にお弁当を食べることが多いですね。

なので食べ物の持ち込みOKで、気軽に食べれる休憩室があるとありがたいです。

食堂はなし

飲み物や菓子パンの自動販売機はありましたが、種類は多くなかったです。

持ち込んでお昼を食べたい場合は、事前に用意することをおすすめします

再入館はOK

「お昼は外で食べれるの?」

大丈夫です。外で食べれます。

お昼を外で食べるために一度外出しても、地下鉄博物館に再入館できます。

2-4. 土曜日はそこまで混んでいなかった

わたしが地下鉄博物館に行ったのは、2018年3月の土曜日です。

「週末だから混んでいるのかな?」

と予想していたのですが、お客さんが多すぎず少なすぎず、ちょうどいい感じで館内はにぎわっていました

人混みは得意でないわたしですが、ストレスを感じるほどではなかったです。

地下鉄博物館で人気の「電車を運転できるシュミレーター」は10分ぐらいの待ち時間で順番がきました。

2-5. トイレがとってもキレイ!

まこさん

トイレの清潔さに感心しました。

男性用のトイレしか見ていませんが、子ども用のトイレもありましたね。

子どもを意識して作っており、心地良い空間でした。

 

③ 館内の写真を紹介

地下鉄博物館で撮った写真を何枚か紹介します。

左の写真はパンダグラフ。右は子どもが走りまわりそうな線路ですね。

 

地下鉄の作り方を展示している写真です。

 

ごめんなさい。下の写真はなにか忘れました。笑 

電車の下側

 

自分で動かせる電車模型もあります♫ 子どもたちに人気でした。

地下鉄博物館のジオラマ

④ 地下鉄博物館の見どころ

地下鉄博物館で遊んでて、特に良かったスポットを2つ紹介します。

  1. 電車のシュミレーター
  2. メトロパノラマ

まずは、4-1で電車のシュミレーターから!

4-1. 電車のシュミレーター

地下鉄博物館の千代田線シュミレーター

年齢制限により息子は運転することができなかったため、わたしが初挑戦!

初めて電車のシュミレーターを運転してみましたが、本当に電車を運転しているかのような体験ができました。

大人気の千代田線シミュレーターの他に、

  • 銀座線
  • 有楽町線
  • 東西線

のシュミレーターもありました。

元車掌さんだった!

まこさん

そういえば、びっくりしたことがありました。

シュミレーターを担当している60代ぐらいの館内スタッフさんが、電車の乗り方にとても詳しかったので、

「もしかして電車の車掌さんだったんですか?」

と聞いてみました。

なんと、

「元車掌をやっていました」

目を輝かせながら教えてくれた館内スタッフさん。

なんだか「ほっこり 」した気分になりました。

4-2. メトロパノラマ

地下鉄博物館のメトロパノラマ

メトロパノラマでは、東京の地下を模型電車が走ります。

まこさん

てっぱくで言えば、ジオラマを小規模にしたような感じです。

少し待てば普通に見れる

メトロパノラマが開始する10分前くらいにスタンバイしましたが、5分前くらいからでも普通に見れます。

左の写真はメトロパノラマが始まったときの混雑状況。右はメトロパノラマを見る息子。

2018年3月時点では1日4回実施しているので、滞在時間のスケジュールに合わせてみてはいかがでしょうか。

  • 第1回 11:00~
  • 第2回 13:00~
  • 第3回 14:00~
  • 第4回 15:30~

 

⑤ レビューまとめ

日本最初の地下鉄

地下鉄博物館は、乗りもの好きの男の子なら間違いなくおすすめできるお出かけスポットです。

「また遊びに行きたい!」

と思えるほど、コストパフォーマンスの良いお出かけスポットでした。

なんせ夫婦と子ども1人(2歳)で、入館料がたったの税込420円!

まこさん

半日たっぷり遊べて、楽しめました。

また地下鉄の歴史や仕組みなど、

「へぇ~。知らなかったなぁ。」

と勉強になることが多く、子どもだけなく大人のわたしも楽しめました。

子どもが乗りもの好きの場合は、地下鉄博物館にぜひお出かけしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です