経験ゼロの初心者が会社の仕事でWeb担当者になれた3つの理由

経験ゼロの初心者が会社の仕事でWeb担当者になれた3つの理由

まこさん

こんにちは。「家族で子育てを考える」のまこさんです。

2年前から希望していたWeb担当者についになれました!

この記事は?
Web初心者が、中小企業でWeb制作やデザインを担当するまでになった経緯を3つ紹介します。

家族のために仕事をするとしても、どうせ働くなら楽しみたいですよね?

子育てと密接な関係がある仕事。

製造部品メーカーの海外部で働く私ですが、担当する仕事内容が最近変わりました。

海外の仕事をこなしつつ、Web関連の仕事も任せられることに。

私にとっては、この上なく理想的な仕事内容です。

Web初心者だったのに、希望する仕事を担当できるようになった理由とは?

今回はそのあたりの経緯をお話します。

Web担当者になれた3つの理由!

WebサイトやITに興味があるだけで、それらの仕事は本当に経験ゼロの私

メモ
Web担当者といっても、私の会社では明確な役割は決まっておりません。

ちなみにこんなことをやります。

  • html、css、WordPressを使ってWebサイトの更新、コンテンツ作り
  • SEO対策
  • Googleアナリティクス、サーチコンソールでアクセス解析
  • フォトショップ、イラストレーターでオリジナル画像やチラシの作成
  • インデザインで紙カタログの作成

国内と海外、両方のWebを担当しつつ、貿易業務もこなす。

中小企業ならではの役割分担でしょうか?

ではなぜ私が2年前から希望していたWeb担当者になれたのか?

その理由を3つにまとめます。

  1. 行動したから
  2. 運が良かったから
  3. 上司に訴え続けたから

まこさん

Web担当者になれた理由が大きい順に書きました。

どれ1つ欠けてもWeb担当者にはなれなかったです。

その1つずつを次から説明していきます。

① 行動したから

1つ目の理由は、ブログを始めたことにより自分の行動が変わったからです。

上司にWeb関連の仕事をやりたいと2年前から訴えるも、自分がWeb担当者になるための具体的な行動はしてきませんでした。

具体的な行動とは?
Web関連の勉強をしたり、自分がWeb担当者になったらできることの提案を会社にしたりすることです。

具体的な行動をしてこなかった私ですが、ブログを本気でやり始めたら行動が変わりました。

次の2-1では、私が実際に行動したことを書きます。

1-1. 会社での行動をブログが変えてくれた

ブログを本気で運営していくうちに、Web関連の知識が急速に高まってきました。

知識が付くと、会社のWebサイトで今まで気にならなかった点が気になるなど、見る視点が変わってきます。

そして、社長や役員が参加する4週間前のとある会議でのこと。

その会議で私は具体的な行動に出ました!

Webサイトで改善すべき点や、SEO対策が十分でないことを、資料にまとめて会議で発表!

ブログを始める前では起こせなかった行動です。

1-2. トントン拍子でWeb担当者に

「ぜひWebサイトの改善を進めてくれ」

と私が会議で発表したことに、同意してくれた社長や役員。

まこさん

私の提案が通って嬉しかったです。

こうしてWebサイトの仕事を社内で担当できる流れができました。

1-3. 業務分担の社内調整がスムーズに

海外部の仕事とWeb担当を兼任することになった私。

仕事量が一気に増えたので、Web担当をメインにやるとなると、仕事が回りませんよね?

私がWeb担当者になるためには、社内で業務分担の調整が必要でした。

少し気まずい思いをしましたが、ルーティン仕事のほとんどを、同じ海外部で働く係長にお願いしました。

下記2つの背景があったため、係長との業務分担の交渉はスムーズに終了。

  • 社長や役員から事前に認めてもらっていた
  • 社内でWebサイトを担当できる人がいなかった

まこさん

Webサイトの知識が少しある人は社内にいますが、他のことで忙しすぎてやってられないみたいです。。。

 

② 運が良かったから

中小企業の“あるある“なのか?

私が働く会社では社内でWeb担当者の重要性を理解されていないのか、はっきりとしたWeb担当者がおりません。

誰かがやってるようで、誰もやっていない。

ブログで記事を書くときに最初に覚える、見出しのh1タグすら誰も興味ない。

こんな状態でした。

まこさん

WebサイトのデザインやWebマーケティングは大事ですよね。

2-1. 見方を変えればラッキー

見方を変えれば、初心者の私にとってはラッキーな状況です。

だって自分が希望する仕事、つまり会社のWeb担当者になれたのですから。

Web関連の部署が充実していたら、Web担当者にはなれなかったでしょう。

まこさん

ある意味、運が良かったですね。

③ 上司に訴え続けたから

2年前からでしょうか?

「事務処理などのルーティン仕事ではなく、Web担当者になりたい」

と私が所属する海外部の部長に訴え続けていました。

希望すればやりたい仕事を任せられる、あるいはやりたい仕事ができる部署にすぐに異動できる、会社はそんな単純じゃありません。

私の部署では、こんな問題がありました。

  • 人手が増えない
  • 自分以外にルーティン仕事を担当できる人がいない
  • Webサイトの重要性を今ほど理解されていない

″塵も積もれば山となる″を私は信じて、上司の考えをじわじわと変える作戦を続けました。

3-1. ついにチャンスが訪れる

  • ブログでWeb関連の知識が急速に高まったこと
  • 会社のWebサイトには改善できることがたくさんあると言い続けたこと
  • 社長と役員を前に、会議で提案を発表したこと

そんな″塵も積もれば山となる″作戦で、私のWeb担当者になりたいという想いが社内に浸透していきました。

そして諦めることなく会社で訴え続けること2年。

②で書いた会議をきっかけに、私はついにWeb担当者になるチャンスを掴みました

 

まとめ ~ 現在

Web担当者の仕事をやるようになってから、3週間がたちました。

自分のペースで学びながら仕事ができているので、毎日が充実しています。

初心者の私がWeb担当者になれた理由を簡単にまとめます。

3つの理由まとめ
  1. ブログを始めたことにより、自分の行動を変えたから
  2. 社内にWeb担当になれる人がおらず、運が良かったから
  3. 社内で自分の希望を言い続けたから

Web担当者になれた今回の件で、行動すれば自分の環境が変わることを勉強できました。

自分を信じて、これからも行動し続けたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です